治療方法のよるAGAクリニックの選び方

AGA男性型脱毛症の基本的な治療方法として、フィナステリド錠とミノキシジル外用薬を使います。フィナステリド錠は、1日1回服用するタイプの医薬品で、脱毛原因である男性ホルモンが産生されるのを抑える効果があります。抜け毛予防と育毛予防があります。ミノキシジルは1日2回薄い部分に塗布するタイプの外用薬です。主に発毛を促進させる効果があります。AGAクリニックでもこれらの医薬品を取り扱っており、基本処方されるのはこれらの医薬品です。フィナステリド錠は対面で処方され、ミノキシジルに限ってはドラッグストアでも購入することができます。

基本はこれらの治療になりますが、AGAクリニックであれば別の治療方法を選び方ができます。最近多いのは、内服することで効果が出やすくなることからミノキシジルを外用薬ではなく、内服薬として使う方法です。内服薬として効果を強く期待することができますが、その分副作用が出やすくなりますので、AGAクリニックで管理してもらいながら服用することが大切です。その他には頭皮に直接注射をするタイプの治療方法、自毛を植毛するといった方法も選ぶ方になるでしょう。治療方法の選び方によっては、効果も異なりますので、この方法で効果が出なかったから他の方法で効果を出そうという選び方もできるでしょう。いろんな方法を試すことが可能です。

しかしAGA治療というのは、保険診療外になりますので、医療費の問題を切り離すことはできません。また効果が高いと言われている治療を選べばその分医療費も高くなります。常に続けることができる治療を継続して行うことが大切ですので、支払うことができる治療法の選び方も大切になるでしょう。